HPJapan Enterprise Topics
最新製品テクノロジー、クラウド分野での取り組み、事例やサービスなどHPのエンタープライズ分野の様々な話題を、マーケティング担当者とプリセールスエンジニアを中心とする日本HP社員がご紹介するブログです。企業のIT担当者の皆様のお役に立てば幸いです。

Software Definedの波はストレージへ!HP SDSセミナー開催!

sds_seminar_top.jpg

本セミナーでは、基調講演にアスキーの副編集長 大谷イビサ様をお迎えし、Software-Defined Storageに時代が変遷してきた必然性を、メディアの立場から解説していただきます。 またHPのSoftware Defined Storage製品の方向性、アーキテクチャ・限界性能・統合管理・ベストプラクティスのアップデートと、待望のHyper-Converged製品に関してご紹介いたします。


詳細情報と申し込みは以下リンクから!

http://www.hp.com/jp/SDS-Seminar

 

逆襲のCopy on Write! 他とは違う3PARのスナップショットとは?


c03579062.png今や常識となったスナップショットは実はいくつかの実装方法があります。それぞれの製品のアーキテクチャーの制約から、いろいろな方式が生まれましたがいずれも一長一短です。実は3PARが採用しているのは、比較的トラディッショナルなCopy on Writeという方式です。 ではなぜ最新テクノロジーの3PARがこの手法にこだわるのか? 他の実装方法と比較して、その理由を解説していきます。

 

ついにPostgreSQLの虎の巻を公開 ~ 日本HP技術陣の汗と涙の結晶 ~

postgresql.png日本HPのテクノロジーコンサルティング精鋭部隊の「オープンソース部」は、オープンソースの技術コンサル・構築を幅広く手掛けています。今回、オープンソース部に所属する篠田典良オープンソースのデータベースソフトであるPostgreSQLの虎の巻を公開しました。題して、「篠田の虎の巻」…必見です。

あなたの知らない”オープンソースのバックアップツール”の世界

スケールアウト基盤でのバックアップ.pngフリーLinux環境のバックアップ・リストアには、様々な方法がありますが、バックアップ対象やポリシーによってツールを使い分けるのが一般的です。スケールアウト型基盤やFCストレージを使ったデータベース・システム、HAクラスターなどのシステム・アーキテクチャの違い、要件によってもバックアップツールを使い分ける必要があります。災害対策(ディザスタ・リカバリ)、定期的なユーザー・データのレプリケーションなど、目的に応じてツールを組み合わせて導入するのが一般的です。最新のCentOS 7に対応した非常に簡素なオープンソースのバックアップツールをご紹介します。

フラッシュの次は? ストレージの未来はユニバーサルメモリー?

memoristor.jpgフラッシュの出現は、ストレージの世界を一変しました。コスト的にまだまだハードディスクが主流と考えられていたのは数年前。今ではオールフラッシュのストレージ製品がすさまじい勢いで伸び、コストも今年中にもフラッシュ(SSD)がHDDを下回るというベンダーまで現れました。 ただし、フラッシュも理想的なストレージデバイスというわけではありません。容量、コストはもとより、消費電力の面でも、過渡期の技術といっても過言ではないでしょう。 ではフラッシュの次にくるものは何なんでしょう? 最近ハーバード大学から人工DNA 1グラムに700TBのデータが保存できることが発表されましたが、将来的にはストレージは「製造」するものから「培養」するものになりかもしれないですね。とはいってもこれはかなり先の話、これから数年後に来そうな「ポストフラッシュ」、いくつかの有望な候補を比較して解説してみたいと思います。

検索
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして 
Follow Us
Featured


作者について
  • 佐藤雅代と申します。日本HPの法人向けマーケティングを担当しております。マーケティング側の視点から、注目のトピックや最新のイベントなどご紹介していけたらと思っております。 ----- ----- Belonging in EG Marketing and introducing enterprise topics to the market in Japanese. (Sorry for English speakers but this blog is for Japan market, so I'd like to write articles in Japanese only)
  • HPでOSS/Linux/スケールアウト型システム担当の古賀政純(こが まさずみ)です。OSS/Linux/*BSD関連の取り組みや技術情報をご提供。Hadoop(CCAH), RHCE, RHCVA, Novell CLP, EXIN Cloud, OpenStack認定技術者。Twitter:@masazumi_koga でも技術情報を提供中。キーワード:OSS, Ubuntu, FreeBSD, RHEL, CentOS, SLES, Hadoop, Cassandra, LXC, KVM, RHEV, High Performance Computing (MPI, OpenMP), HA Cluster, Serviceguard, LifeKeeper, Cloud Computing (Canonical MaaS, Juju, OpenStack)
  • 日本HPでサーバーソリューションの技術支援を担当しております。専門分野は仮想化・コンバージドインフラストラクチャ・Software-Defined です。
  • Asia Pacific Superdome Product Manager
  • 日本HPでクラウド関連の技術支援を担当しております、真壁と申します。HPのテクノロジーをタイムリーにお伝えします。 / Chief technologist in the field of cloud computing
  • Storage Technology Evangelist, Hyper scale data storage, Archive, LTFS M&E, Science verticals Vice chair of JEITA Tape Storage Technical Comitee
  • HPの環境の取り組みについてご紹介いたします。 こちらもご参照ください。 社会・環境への取り組み - Living Progress http://www8.hp.com/jp/ja/hp-information/global-citizenship/index.html
The opinions expressed above are the personal opinions of the authors, not of HP. By using this site, you accept the Terms of Use and Rules of Participation.